結婚指輪 海外トップブランド〜リーズナブルまで 展示ブランド45超 筑紫野・春日原・太宰府で人気

人気の結婚指輪人気

結婚指輪
リーズナブルな結婚指輪リーズ
ナブル
結婚指輪
おすすめの結婚指輪おすすめ

結婚指輪

 結婚指輪ブランド一覧

結婚指輪ブランド マイスター 結婚指輪ブランド ローザマーレ 結婚指輪ブランド CYO(ニューヨーク) 結婚指輪ブランド ニュージーランド W&D ワース & ダグラス
マイスター ローザマーレ シーワイオー ワース&ダグラス
結婚指輪ブランド 安い 国内鍛造リング エトワ 結婚指輪ブランド ピンクダイヤ ラヴェンナ 結婚指輪ブランド スノープレシャスダイヤモンド 結婚指輪ブランド パラジウムとK18のコンビ グラヴィテ
エトワ ラヴェンナ スノープレシャス グラヴィテ
結婚指輪ブランド 鍛造 巧心 結婚指輪ブランド リーズナブル、キュート 結心 結婚指輪ブランド アレンジ自由 絆 結婚指輪ブランド K18PG コンビ結婚リング 禀心
巧心 結心 禀心
結婚指輪ブランド 和風で幅広 琉球 結婚指輪ブランド 和の心 侍の志を込めた結婚指輪 侍丸 結婚指輪ブランド ふたりの愛を奏でる ソナーレ 結婚指輪ブランド シンプルでキュートな トゥトゥマヴィ
琉球 侍丸 ソナーレ トゥトゥマヴィ
結婚指輪ブランド 国内鍛造・手彫りのマリッジリング プアネラ ブランド オーダーハワイアン マリッジリングのマウロア 結婚指輪ブランド 金属アレルギーにおすすめ チタン マリッジリング アイリス-Ti 結婚指輪ブランド フルオーダーのチタンマリッジリング 愛心
プアネラ マウロア アイリス-Ti 愛心
結婚指輪ブランド 鍛造 マリッジリング ロゼマリアージュ 結婚指輪ブランド マリエマリ 結婚指輪ブランド シンプルで滑らかな指通り感の結婚リング ロマンティックブルー 木目がねの結婚指輪 美心 びのこころ
ロゼマリアージュ マリエマリ ロマンティックブルー 美心
マリッジリング ブランド エクセレントを超えた輝き オーバーエクセレントダイヤモンド マリッジリング ブランド ブリリアントローズダイヤモンドを使った アンプルール マリッジリング ブランド 食べちゃいたい位に可愛い プリンセスローズ 結婚リングブランド パラジウムで作るから丈夫で安い マリッジ アドゥー
オーバーエクセレント アンプルール プリンセスローズ アドゥー
結婚リングブランド 素材もダイヤもオーダーできるマリッジリング ロゼ 鍛造・手彫りのマリッジリング アンジュ 結婚リングブランド モンシュシュ 結婚リングブランド 人気のリーズナブル シュクレ
ロゼ アンジュ モンシュシュ シュクレ
結婚指輪ブランド バリエーション豊かな ハート&アイ マリッジリング ブランド アイヴェール 2人だけが知る2つの誓いが入ったマリッジリング ダブルスター 素材が選べる、カラーが選べるマリッジリング Eハート
ハート&アイ アイヴェール ダブルスター E・ハート
沖縄の美しい花という名の結婚指輪ブランド CHURA BANA ピンクゴールドが鮮やかな ピンクキュート 最先端の技術ファーストプラチナを使った結婚リングブランド ファーストインテンション リーズナブルマリッジリング パッサージュ
CHURA BANA ピンクキュート ファーストインテンション パッサージュ
凛とした美しさ 結婚リングブランド W.heart ときめき・ひとめぼれという名のブランド クードクール 中央宝石研究所鑑定書付きダイヤモンド ツインダイヤ 結婚指輪 フルール
W.heart クーデクール ツイン フルール
結婚指輪ブランド ETERNO エテルノ プール トゥジュール    
エテルノ プールトゥジュール

結婚指輪とは

結婚のしるしとして新郎新婦が取り交わす指輪。
左の薬指にはめることが多い。マリッジリング。ウエディングリング。
欧米では古くからあるが、日本で普及したのは、生活の欧米化が進んだ20世紀半ばごろから。

 

西洋社会における結婚指輪

西洋社会にキリスト教が生まれ、だんだん浸透していくとともに、結婚の意義が宗教の力によって変化していきました。そして結婚に際し、神に男女がその結婚が誠実なものであり、自分の貞節も誓う、という意義が強くなっていきました。

その神への誓いのしるしとして用いられたのが、結婚指輪だったのです。

当初は、その誓いが強いものであり、強固なものであるというしるしとして、鉄が用いられていたそうです。

指輪にしたのは、リングになっていることで、永遠を示すことができるからであったとされています。それがだんだんと鉄ではなく金を用いるようになりました。金のほうが価値が高いとされたからでしょう。

神への誓いの象徴とされていた結婚指輪ですが、さらに時代が進むと、教会で司祭の立会いの下に挙式が行われるようになりました。

これにより、結婚指輪の意義が確立されたということです。

西洋で、挙式についてきちんと定義されたのは16世紀からといわれていますが、そのころには挙式の一環として結婚指輪は正式に定義づけられていたということになります。

 

日本での結婚指輪

結婚指輪の歴史

日本では浅く、開国をした明治時代からだといわれています。

西洋では、指輪は貴族が身につけるものとして男女問わずなじみのあるものですが、日本ではその貴族文化というものが根付いておらず、男性が宝飾品を身につける文化はありませんでした。

そのため、指輪の定着にはさらに時間を要しました。結婚式自体も、西洋とは様式が大きく異なり、結婚指輪という概念がなかなか定着しませんでした。本格的に根付いたのは、戦後になってからです。

戦後、一気に西洋の文化が広まり、生活様式も西洋にどんどん近づいていきました。それからは、結婚式の内容も西洋に近づくこととなり、結婚指輪の意義が初めてクローズアップされるようになりました。戦後の活況も伴って、昭和40年代には一気に結婚指輪の習慣が受け入れられるようになり、国内に広まっていきました。

このように、日本では決して長くはない結婚指輪の歴史ですが、その後は定着し今では挙式の定義の中にしっかりと組み込まれています。

 

結婚指輪の選び方

結婚指輪は現在、挙式だけで使用する形式的なものではなくなってきています。

  • 結婚前、おふたりが一緒にいる時から未来の象徴としてつくるカップル。
  • 入籍に合わせてつくるカップル。
  • 挙式に合わせてつくるカップル。

このような3つのタイプが多くみられます。
結婚指輪は、おふたりの人生の歴史に刻む1ページなのです。
毎日つけるものですから自分の指に通してみて、つけ心地やデザインに満足できる指輪を選びましょう。

 

結婚指輪を選ぶ時のポイント

外国では、18金が多く使われています。日本ではプラチナを使ったものが人気です。最近では、ピンクゴールド(K18PG)ホワイトゴールド(K18WG)なども多く使われるようになってきました。素材の色や予算に合わせて結婚指輪を選びましょう。

選ぶときの基本ポイント

  • 幅を決める。
  • 甲丸(丸目のもの)か平打ちか決める。
  • ウェーブかストレートかを決める。

この3点が基本です。

また、外側に文字を入れたり、好きなデザインを彫ることもできます。

ダイヤモンドも、外側や内側に入れるなどのアレンジができます。
雑誌などのいろいろなデザインを参考にしても良いかもしれません。
メインのダイヤを入れる他に、外側内側に誕生石などを入れ、おふたりだけのデザインをつくりましょう。
指輪をつくるにあたっては、仕上がりまでの期間がブランドにより異なりますので、十分な余裕をもって準備しましょう。

ふたりのエピソードを指輪に託して、おふたりだけのオリジナルリングをおつくりすることをおすすめします。