真珠(パール)|YUBIWAYA(ゆびわや)久留米(福岡・佐賀)

九州最大級の品揃えを誇る、結婚指輪(マリッジリング)・婚約指輪(エンゲージリング)専門店

ハート&アイ 久留米 トップイメージ

大人の女性の必携品!高品質・低価格なハート&アイの真珠(パール)

真珠(パール) – 伊勢志摩の真珠

日本で行われている真珠養殖のほとんどはあこや貝を母貝とし、玉の大きさは最大で直径11mm程度、色はシルバー、クリーム、ゴールド、ピンク、グリーン、ブルー、ブラック系の7系統あります。

「あこや真珠」または「和玉」と呼ばれ、最上級の真珠は「花珠」といわれます。

Atacched FileAtacched FileAtacched FileAtacched FileAtacched File

真珠(パール)↓ ここをクリック
真珠(パール)商品一覧

 

真珠の命は、「テリ(光沢)」と「マキ(巻)」

【テリ】

「光輝(テリ)」があるから真珠は宝石なのです。
真珠ならではの暖かみのある輝きは、何ものにもかえがたい魅力のひとつです。
真珠を見た時に感じる、光の反射の度合いが「テリ」です。
真珠層が半透明である為、「表面における光の反射」「表面付近の薄層における光の反射」「核面における光の反射」が重なって「テリ」の効果が現れます。
光透過性など真珠の内面構造によって大きく変わってきますが、 一般的に真珠層の結晶がなめらかであり、真珠層が厚いほど「テリ」も増していきます。
「テリ」が良い真珠は、覗き込むと自分の顔が映っているのがはっきりと見えます。まるで鏡のように反射し、真珠に映り込むものがシャープに見えるのです。
真珠の中心部分から強く輝きを放つようなものが良質とされ、大きな真珠や巻きの厚い真珠でもテリが無いものは良い真珠とはいえません。テリ(照り)は真珠の美しさを決める大切な要素です。(テリとは真珠の輝き・光沢のことです。)
大きくて傷が少なくても、テリの悪い真珠は評価が下がります。

【巻き】

巻きとは、核を取り巻く真珠層の厚さのことです。
真珠層とは、貝の中に入れた核という中心の周りに覆うように貝が作り上げた天然のベールのような物。
また、真珠層が厚いということは長年の経過と様々な条件を満たし、 耐久性にもすぐれています。
汗や酸、傷に弱い真珠の輝きを長く保たせることができるという事になります。
そして、真珠層の厚さが均一で厚ければ厚いほど重量感が生まれ、 真珠特有の深みの有る、上品な真珠の輝きを生み出し、風格をただよわせます。
美しい光沢が出る為には、0.4mm以上の真珠層の形成が必要となります。

大人の女性の必需品「パールネックレス」

真珠のネックレスは、大人の女性にとっての必携品といわれるように、 様々な人生のシーンで必要となる宝飾品です。
それだけに、ご購入される方の目的は様々なので、まずは、ご購入の目的を明確にしていただくと良いでしょう。

  • 冠婚葬祭で長く使いたいので、程度のいいものを一生ものとして、後々には娘に譲りたい。
  • 結婚式・入園式・入学式・卒業式などで使う。
  • 弔事・仏事・法事で使う。
  • 年齢を重ねてもう少し上質なものが欲しくなった。母から譲りうけたものが古くなった。
  • 成人した娘へ母からの贈り物として。・・・など。

ご自身が装う、お祝い事や華やかなお席でのご利用が主な使用目的であれば、ご自分のご予算やお好みを優先してお選びいただいて良いと思いますが、
どんなシーンでも、どんな方にでもオールマイティにということであれば、真珠の標準サイズの7mmのネックレスを、選択の基準にお考えいただければ間違いないと思います。
最近は、大きめの真珠に人気が集まっていることもあり、8mmサイズの真珠も好評です。

GALATEA PEARL ガラティアパールの画像はこちら